奈良を中心に着物の着付け教室を展開しています。誰でも簡単に結ぶことができる「早比楽美装前結び」をオススメしています。大和美流きもの学院|100万人のきもの着付教室ウェブサイトです。新規生徒募集中です。また、出張着付けも承ります。

前の記事  |  次の記事  ]

教室統括長


「大切な時間を共有できる喜び」
 
「きものを着る」ということは、「自分や相手の方を大切に思うこと」だと思っています。
 お仕度をする時間、そのきものを着る方は、どんな想いで出来上がりを待っているのでしょうか。きっと、美しく着せてもらった自分の姿を胸に、お出かけを心待ちにしておられることでしょう。
 きものをお召しになったあとの大切な時間を、特別なものとして過ごして頂けるよう、私達着装士は存在します。
 帯は「結ぶ」と書きますが、古来日本では「生す霊」と書かれていました。「生す霊」とは、結び目に魂が生まれるという意味で、「愛情を込める」という思想です。私達着装士は、愛情をもって、その方を美しくお支度できる素晴らしい役割を頂いています。   

大和美流きもの学院 学院長 山下ゆくみ
 
 
 
 
 
 
■ 山下ゆくみ Profile
 
1971年 奈良県に生まれる。
1989年(18歳)奈良県立高校卒業後上新電機に入社。
1991年(20歳)全日本コンサルタント協会(奈良市内着付け学校) 入学。
1992年(21歳)上新電機を退社後、㈱京ろまんに入社。㈱京ろまんに勤めながら、着付け講師の資格を取る。
1995年(24歳)㈱京ろまんを離れ、 着付け学校に講師として所属。コシノジュンコの着物アドバイザーとして全国を回る。
1997年(26歳)着物アドバイザーとしてフリーに。数々の作家と共に全国の呉服店を回る。
2002年(31歳)日本文化普及協会(奈良市内着付け学校)に所属。
2007年(36歳)日本文普及協会での経験を経て、㈱京ろまんに戻る。
2014年(43歳)「大和美流きもの学院」設立。
 
 
*きもの学院に所属している期間、上海・イギリス・アメリカ・韓国・ハンガリー・カナダなど、
きもの学院の海外公演にも積極的に参加する。
 
*1995年7月(24歳)財団法人 全日本コンサルタント協会 3級助教授認定
*2010年3月(39歳)全日本着付普及協会認定校 美装きもの学院 助教授認定
*2014年9月(43歳)日本文化普及協会 和装着装士 認定
*2014年12月(43歳)厚生労働大臣指定試験機関 一般社団法人 全日本着付け技能センター1級着付け技能士 認定
 
現在、京ろまんグループ 大和美流きもの学院の学院長の他、社団法人 全日本きもの振興会、きもの文化検定 奈良地区実行委員、NPO和装教育国民推進会議奈良県支部 副支部長などを兼任するなど第一線で活躍中。